Archive for the ‘未分類’ Category

インデックスファンドとは

投資信託などの商品の中に、インデックスファンドと呼ばれるものがあります。ここで言うインデックスというのは日経平均株価や東証指数TOPIXなどの指標のことを意味しています。勿論海外の経済指標であるダウやナスダック、ヨーロッパの指標などもインデックスの一つです。このファンドはこれらのいずれかのインデックスに連動するように株を売買する仕組みを構築しているファンドなのです。

バスケットボール02
この種類のファンドの特徴としてはノーロード、つまり信託報酬が発生しないケースが多いということがあげられます。購入者側も細かな株の値動きを気にする必要はなく、単純に株価指数が上に行くか下に行くかだけを見ていれば良いという種類の商品です。面白みがない半面、少ない資金でも投資が出来るということから一定の人気を博しています。入門編として進められている場合もあります。
但し、一般に投資信託の楽しみの人うでもある分配金も存在しないのが特徴です。そのため売却しない限り利益は入ってきません。このようなシンプルな取引を希望する人には、安心して見ていることが出来る様な、お勧めできる仕組みが整っている金融商品であると言うことが出来るかもしれません。

公社債投信(長期公社債投信)とは

バスケットボール01

 

公社債投信とは比較的に安全性の高い投資信託です。

 
正式には長期公社債投資信託と呼ばれ、国債や政府が保証する債券や金融債などが組み込まれています。
公社債と呼ばれるのも、こうした公的機関とそれに準じる機関などの債券中心であることからきており、年に一度の割合で買い付けを行っています。
投資信託を選ぶポイントはリスクの大小が一つにあります。

 
株式と債券を比較した場合、安全志向と言えるのが債券です。
その中でも国内と海外に分かれ、株式を組み込まず公社債だけを組み入れたものが、この投資信託です。
中長期の投資に向いたファンドで安定運用を基本にしており、1万円から購入できることもあり、積み立て資産としての運用にも向いています。
また、年に1回、分配金を受け取ることも可能ですが、元金を再投資して複利運用もできます。
加えて投資期間の制限もなく、いつでも解約は可能ですが、手数料が掛かることがあります。

 
運用の実績次第で分配金も変わってきますが、株式と比べてリスクの振れ幅は小さいことも着目点です。
逆にリターンは株式中心の投資信託に利がありますが、ローリスクにポイントが置くならこの投資信託です。
初めて購入される方にも向いたものの一つで、長期・安定運用がキーワードとなります。

中期国債ファンドとは

テニス04中期国債ファンドとは、文字通り中期国債を中心として運用を行う投資信託です。

 

元本保証はされてはいませんが、国の保証がある国債が運用の中心であるためローリスクローリターンの商品に位置づけられます。

 

実際にはコマーシャルペーパーやコールローンといった形でも運用をしているので、2001年に元本割れを起こした商品もあるのですが、そうしたケースは極めて稀です。

中国ファンドと略されることがありますが、中華人民共和国とは無関係なので注意が必要です。

略称の読み方も、ちゅうごくふぁんどではなく、ちゅうこくふぁんどとなっています。

 

中国ファンドの特徴は、買い付けや売却がとてもしやすいところにあります。

 

また、販売会社によって異なりますが、基本的に販売手数料や解約料金などがないところも魅力です。

インターネットで申し込むか、店頭で申し込むかなどによって違いがありますが、最低で1円から買い付けできることがあり、1円から解約可能です。受け渡し日を基準として、買い付けから30日以上保有していれば信託財産留保額を差し引かれることもありません。他の投資信託のように基準価額は基本的に上下せず、利益が出た分は翌月に加算されて再投資する仕組みになっています。

短期公社債投信とは

証券会社で株式等を購入する場合、最近ではMRFという名前の投資信託を購入することが多いです。
銀行の普通預金と似た性格を持っているこの投資信託は、銀行並みの分配金を支払うため、最近では顧客との金銭授受の窓口としてこの投資信託が使用されています。

 

 

この投資信託のことを短期公社債投信と言います。
読んで字のごとく、短期の公社債に投資するファンドであり、利率は低いものの回収可能性は限りなく100%に近く、安全確実な投資対象と言えます。
利率が低いとはいえ、銀行の普通預金よりは高めの分配金を支払っており、これ目当てに証券会社に口座開設をしている人もいるほどです。

 

 

この投資信託ができる前は、似た商品としてMMFという投資信託がありました。
投資対象はMRFとほぼ同じなのですが、いったん投資すると30日間の拘束期間があるため引き出しが原則としてできませんでした。
そのため、MRFのように取引の決済口座として使用することはできませんでした。

 

 

従来証券会社と顧客の取引は、預り金口座で資金の授受をしていました。
丁度会社で使っている売掛金台帳のようなものがあり、全顧客との取引がそこには記載されていました。
利息が付かないため銀行より不利だと言われていたのも、今や昔の話となってしまいました。テニス03

MMF(マネー・マネージメント・ファンド)とは

テニス02

MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、高格付けの公社債を組み入れた投資信託です。

 

一般的な公社債投資信託と比較すると、リスクは低く設定されています。デフォルトリスクを小さくする事と、流動性を高くすることを目的として商品設計が行われています。組み入れられるのは公債などのデフォルトリスクの低いものが多く、また短期の債券が多く組み入れられています。ですから、全体的に見れば利率は非常に低い傾向があります。積極的に資産を増やす目的ではなくて、できるだけ安全に資産を増やしたいという人向けの商品です。特に、円貨建てのものであれば、リスクはきわめて低いと考えられます。

 
デフォルトリスクは非常に低いのですが、外貨建ての場合には為替リスクがあることは把握しておかなければなりません。払い込み時のときに比べて、償還時の方が円高になっていれば為替レートの変動によって損失が発生しますから注意が必要です。利率の高い通貨で運用するために高金利通貨を選ぶ人は多いのですが、高金利通貨は長期的に下落しやすい傾向がありますから、為替レートの変動によって大きな損失を発生させることもあります。このようなことも把握した上で通貨を選ぶ必要があります。

購入と換金方法について

ここ10年で株取引をする人が多くなりました。

 
従来株と言えばお金持ちが行う博打というイメージがありましたが、現在は株式電子化に伴い、株取引が世間にもわかりやすく表面化したことと、インターネット証券がスタートしたことで証券取引手数料がそれまでよりも安くなり、少しの値動きでも利益確定が出来ることから、若い世代のトレーダーが増え、中には当日購入した株式を当日中に売却するデイトレーダー(日計り売買)という方法で専業主婦やサラリーマンのトレーダーも多くなり、パソコンのみならず、スマホやタブレット端末で通勤時間やわずかな時間でも取引が出来ることもトレーダーが増えた要因です。

 
サラリーマントレーダーでは同一銘柄をデイトレードにより売り買いを行い、毎日食事代やおこずかい分の儲けを出すという人も多く、少数単位で株を買う人も増えました。

 
売却後に証券会社の買い付け余力として反映し、4営業日後にそのお金が金融機関から引き出すことが出来、実質換金となります。
株価上昇の第一要因は、企業の業績です。

 
売りが先行すれば株価は下がり、買いが先行すれば株価は上がりますが、世界経済や財務内容、チャート分析など、政府の金融政策など多くの要因が株価を変動させるため、儲かるものであると考えて手を出すと火傷することもあります。

ダンベル

基準価額とは

ファンドは口数単位が購入の基本となり、値段の目安となるのが基準価額と呼ばれるものです。

ダーツ04
通常、投資信託の値段を指すもので純資産額を総口数で割り、1万口を掛けたものになります。
毎日1回の割合で、投資信託に組み込まれている株式や債券の取引が終わった後に公表され、新聞などの株式欄でみることができます。
投資信託の主流は1万円から運用できるものが多いため、価額も1万円前後で公表されていますが、投資信託の純粋な価格ですが、実際の購入金額は異なることがあります。

 
これは買い付けや解約時に信託財産留保額などが掛かるためで、投資信託の中には販売手数料が掛かるものがあります。
この信託財産留保額などを含めた価額が実際の購入金額になります。
純資産額や総口数は投資信託の状況をみる目安になりますが、価額は成績をみるポイントになります。
投資信託が購入金額が多くなれば、価額が上がることもなく、また契約数が増えたしても下がることはありません。
特に価額の上昇とともに、純資産額も上がっているものを選ぶことが重要で、純資産額の増減でファンドにどれだけのお金が入り、運用が好調なのかを知ることができます。

 
この関係の中で投資信託の価額は変化しています。

販売基準価額とは

投資信託は、投資家から集めた資金をまとめ、国内外の株式や債券に投資・運用することで利益を生み出す金融商品ですが、こうした金融商品を購入したり、売却する上での目安として、その価値を示すものさしが必要となります。

 
そこで、投資信託に組み入れられている株式や債券などの時価に、株式の配当金や債券の利息などの収入を加えた額から、投資信託の運用に必要な経費などを除いたものを純資産総額と呼んでいます。

 
この純資産総額を残存総口数で割り算して得た額が、1口あたりの価値、すなわち基準価額となります。

 
投資信託には決められた募集期間の間だけしか購入することができず、そのまま一定の償還期間まで持ち越される単位型投資信託と呼ばれるタイプもありますが、現在の主流となっているのは、いつでも購入や売却ができる追加型投資信託と呼ばれるタイプのものです。

 
この場合、受益権を持つ誰かが途中で売却することによって、総額として得られたはずの利息や配当金が少なくなったり、換金にあたってのさまざまな手数料が発生したりします。こうした費用を売却する人に負担してもらう制度として、信託財産留保額の支払いがあり、支払われた信託財産留保額は投資信託に組み入れられて残されます。

 
販売基準価額は、通常の売却の際の目安となる基準価額に、この信託財産留保額を上乗せしたものであり、基準価額から信託財産留保額を引いた価額が解約価額となります。ダーツ03

基準価額と販売基準価額の違いとは

投資信託で使われる用語のひとつである基準価額というのは、投資信託の純資産総額を受益権の総口数で除して得られた、1口あたりの純資産総額のことをいいます。

ダーツ02

この場合の純資産総額とは、投資信託として組み入れている株式や社債その他の有価証券を時価で評価したものに、将来受け取ることのできる利息や配当金といった収入を加えて得られた資産総額から、運用に必要な経費などの負債を差し引いて得られた額のことを指しています。

 
この価額は、投資信託を購入したり、解約したりするときに基準となるものですが、株価などは売買動向によって毎日変動することから、この価額自体も変動しており、通常は1日に1度、その日の株式取引が終了し、組み入れ銘柄の終値が決定した段階以降に計算されます。

 
一方、投資信託のなかには、満期が設定されておらず、投資家がいつでも追加購入を行うことができるタイプのものも存在します。こうした金融商品については、他の投資家が不利益をこうむらないように、投資信託を途中で売却するときに信託財産留保額とよばれる一種のペナルティを徴収するものがあります。
販売基準価額とは、上記の価額にこの信託財産留保額を加えた額のことを区別して呼ぶ用語です。