購入と換金方法について

ここ10年で株取引をする人が多くなりました。

 
従来株と言えばお金持ちが行う博打というイメージがありましたが、現在は株式電子化に伴い、株取引が世間にもわかりやすく表面化したことと、インターネット証券がスタートしたことで証券取引手数料がそれまでよりも安くなり、少しの値動きでも利益確定が出来ることから、若い世代のトレーダーが増え、中には当日購入した株式を当日中に売却するデイトレーダー(日計り売買)という方法で専業主婦やサラリーマンのトレーダーも多くなり、パソコンのみならず、スマホやタブレット端末で通勤時間やわずかな時間でも取引が出来ることもトレーダーが増えた要因です。

 
サラリーマントレーダーでは同一銘柄をデイトレードにより売り買いを行い、毎日食事代やおこずかい分の儲けを出すという人も多く、少数単位で株を買う人も増えました。

 
売却後に証券会社の買い付け余力として反映し、4営業日後にそのお金が金融機関から引き出すことが出来、実質換金となります。
株価上昇の第一要因は、企業の業績です。

 
売りが先行すれば株価は下がり、買いが先行すれば株価は上がりますが、世界経済や財務内容、チャート分析など、政府の金融政策など多くの要因が株価を変動させるため、儲かるものであると考えて手を出すと火傷することもあります。

ダンベル

Comments are closed.