公社債投信(長期公社債投信)とは

バスケットボール01

 

公社債投信とは比較的に安全性の高い投資信託です。

 
正式には長期公社債投資信託と呼ばれ、国債や政府が保証する債券や金融債などが組み込まれています。
公社債と呼ばれるのも、こうした公的機関とそれに準じる機関などの債券中心であることからきており、年に一度の割合で買い付けを行っています。
投資信託を選ぶポイントはリスクの大小が一つにあります。

 
株式と債券を比較した場合、安全志向と言えるのが債券です。
その中でも国内と海外に分かれ、株式を組み込まず公社債だけを組み入れたものが、この投資信託です。
中長期の投資に向いたファンドで安定運用を基本にしており、1万円から購入できることもあり、積み立て資産としての運用にも向いています。
また、年に1回、分配金を受け取ることも可能ですが、元金を再投資して複利運用もできます。
加えて投資期間の制限もなく、いつでも解約は可能ですが、手数料が掛かることがあります。

 
運用の実績次第で分配金も変わってきますが、株式と比べてリスクの振れ幅は小さいことも着目点です。
逆にリターンは株式中心の投資信託に利がありますが、ローリスクにポイントが置くならこの投資信託です。
初めて購入される方にも向いたものの一つで、長期・安定運用がキーワードとなります。

Comments are closed.