MMF(マネー・マネージメント・ファンド)とは

テニス02

MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、高格付けの公社債を組み入れた投資信託です。

 

一般的な公社債投資信託と比較すると、リスクは低く設定されています。デフォルトリスクを小さくする事と、流動性を高くすることを目的として商品設計が行われています。組み入れられるのは公債などのデフォルトリスクの低いものが多く、また短期の債券が多く組み入れられています。ですから、全体的に見れば利率は非常に低い傾向があります。積極的に資産を増やす目的ではなくて、できるだけ安全に資産を増やしたいという人向けの商品です。特に、円貨建てのものであれば、リスクはきわめて低いと考えられます。

 
デフォルトリスクは非常に低いのですが、外貨建ての場合には為替リスクがあることは把握しておかなければなりません。払い込み時のときに比べて、償還時の方が円高になっていれば為替レートの変動によって損失が発生しますから注意が必要です。利率の高い通貨で運用するために高金利通貨を選ぶ人は多いのですが、高金利通貨は長期的に下落しやすい傾向がありますから、為替レートの変動によって大きな損失を発生させることもあります。このようなことも把握した上で通貨を選ぶ必要があります。

Comments are closed.