短期公社債投信とは

証券会社で株式等を購入する場合、最近ではMRFという名前の投資信託を購入することが多いです。
銀行の普通預金と似た性格を持っているこの投資信託は、銀行並みの分配金を支払うため、最近では顧客との金銭授受の窓口としてこの投資信託が使用されています。

 

 

この投資信託のことを短期公社債投信と言います。
読んで字のごとく、短期の公社債に投資するファンドであり、利率は低いものの回収可能性は限りなく100%に近く、安全確実な投資対象と言えます。
利率が低いとはいえ、銀行の普通預金よりは高めの分配金を支払っており、これ目当てに証券会社に口座開設をしている人もいるほどです。

 

 

この投資信託ができる前は、似た商品としてMMFという投資信託がありました。
投資対象はMRFとほぼ同じなのですが、いったん投資すると30日間の拘束期間があるため引き出しが原則としてできませんでした。
そのため、MRFのように取引の決済口座として使用することはできませんでした。

 

 

従来証券会社と顧客の取引は、預り金口座で資金の授受をしていました。
丁度会社で使っている売掛金台帳のようなものがあり、全顧客との取引がそこには記載されていました。
利息が付かないため銀行より不利だと言われていたのも、今や昔の話となってしまいました。テニス03

Comments are closed.