基準価額と販売基準価額の違いとは

投資信託で使われる用語のひとつである基準価額というのは、投資信託の純資産総額を受益権の総口数で除して得られた、1口あたりの純資産総額のことをいいます。

ダーツ02

この場合の純資産総額とは、投資信託として組み入れている株式や社債その他の有価証券を時価で評価したものに、将来受け取ることのできる利息や配当金といった収入を加えて得られた資産総額から、運用に必要な経費などの負債を差し引いて得られた額のことを指しています。

 
この価額は、投資信託を購入したり、解約したりするときに基準となるものですが、株価などは売買動向によって毎日変動することから、この価額自体も変動しており、通常は1日に1度、その日の株式取引が終了し、組み入れ銘柄の終値が決定した段階以降に計算されます。

 
一方、投資信託のなかには、満期が設定されておらず、投資家がいつでも追加購入を行うことができるタイプのものも存在します。こうした金融商品については、他の投資家が不利益をこうむらないように、投資信託を途中で売却するときに信託財産留保額とよばれる一種のペナルティを徴収するものがあります。
販売基準価額とは、上記の価額にこの信託財産留保額を加えた額のことを区別して呼ぶ用語です。

Comments are closed.